気になる費用など千葉県の家族葬

近年、千葉では家族葬という葬儀形式が増えてきました。故人を偲ぶたくさんの人たちが参列する一般葬と違い、遺族や近親者だけで行う比較的小さな規模の葬儀形式です。核家族化が進む都心部や園周辺の郊外地域では自然な流れとも言えます。メリットとしては限られた人達による葬儀のために予算の目安が立てやすいという点があげられます。しかし、「通夜」「告別式」「火葬」という儀式は一般葬と同じように行われるために、一般葬と比べて葬儀費用が低価格になる傾向はあるものの格段に安くなるというわけではないので注意が必要です。では、家族だけで葬儀を行った場合はいったいどの程度の費用が必要なのでしょうか。また、どうすれば費用を抑えて葬儀を行うことができるのでしょうか。

千葉の家族葬は一般葬よりも費用が安い

葬儀費用は大きく分けてお葬式の費用、参列者の飲食や返礼品の費用、お寺へのお布施などの費用に分かれます。この中でお寺関係の費用は安くすることはできませんが、お葬式の費用や参列者への費用は家族だけで葬儀を行うことで費用を安くすることができます。お葬式の費用に関しては、家族だけで行うために豪華な祭壇を用意する必要もなく大きな会場を用意する必要もないために費用を抑えることができます。また、飲食費用や香典返しも参列者が少ないために少なくて済みます。ですから、一般葬では100万円から200万円程度は必要となるところを家族だけで行えば100万円以内で納めることも可能です。ただし、故人をお送りする大切な儀式だからと一般葬と変わらない豪華な祭壇を用意したりすればそれほど安くならないこともあります。

千葉で家族葬を行う時に注意するポイント

家族葬という葬儀形式は最近になって知られるようになった形式で、まだまだ誰でも知っているわけではありません。理解が不十分だと余計な費用がかかってしまうことがあります。特に注意したいのが葬儀社の見積もりです。葬儀社もシンプルなお葬式が増えていることに対応してさまざまなプランを用意しています。しかし、よく確認しないで依頼すると追加で料金が必要になったり、サービスが劣悪な場合もあります。提示された見積もりには何が含まれ何が含まれていないのかを確認することが大切です。さらに費用を安く抑えたいなら通夜を行わない一日葬という葬儀形式もあります。お亡くなりになってから葬儀を決めるまでにあまり時間がないことがほとんどです。しかし、葬儀社から提案をよく吟味して焦らずに決めることが大切です。