千葉県で家族葬を選択するメリット

かつて大家族が主体であったため、人が亡くなったときの最後の別れを惜しむ儀式である葬儀についても、かなり大規模なものが多くみられました。しかし、現在では核家族化が進んでいるほか、就職などの関係で、かならずしも先祖代々が暮らしていた故郷ではなく、そうしたところから遠く離れた場所での葬儀となってしまうことも、珍しいこととはいえません。特に、千葉県のような、東京近郊でベッドタウンが開発されたようなエリアでは、どちらかといえば、地元というよりも、新たに他の場所から移住してきた人が多く、葬儀の形態も昔ながらのものではなくなってきています。そうした新しい葬儀の形態として、家族葬とよばれるものがありますが、これには伝統的な葬儀に比べて、さまざまなメリットが存在しています。

コストを比較した場合のメリット

家族葬の場合には、文字通り、生前に親しかった家族や友人程度の小規模な参列者で、故人をしのぶというスタイルになります。そのため、大々的に葬祭ホールを貸し切った上で、通夜、告別式と、連日にわたって多くの参列者の対応に翻弄されるなどといったことがなく、落ち着いた、心のこもった儀式として執り行うことができます。こうしたスタイルの違いというのは、とりもなおさず葬儀の費用にも反映されるものです。大規模な葬儀の場合、ホールの賃借料、香典返しの費用をはじめとして、司会や搬送、会場整理などのスタッフの人件費も、それだけ多くかかるのが一般的です。特に、千葉県のような大都市エリアでは、この人件費の部分が高騰するため、小規模な儀式とすることで、コストダウンを図ることが可能となります。

県内に豊富にある家族葬用のホール

千葉県内であれば、人口が格段に多いこのエリアの実情を反映して、他のエリアよりもさまざまな場所に、家族葬に特化した葬祭ホールが開設されているため、使い勝手という意味においても大きなメリットがあります。大規模な葬祭ホールというのは、他のエリアでも意外とあるものですが、家族や友人程度の参列者を想定した場合には、なかなかこうしたところを使うのには向かないものといえます。そこで、小規模に区切られていて、しかも祭壇などのスペースが確保できる葬祭ホールがあれば便利ですが、なかなか他のエリアで探すことは難しく、これは県内ならではということもできます。専用のホールであれば、通夜の際の家族の宿泊などにも対応した設備があるため、同じ葬儀をするのでも安心感が違います。