他県が見た千葉県の家族葬の不思議

地域によって葬儀には色々なしきたりや風習が見られる事があり、それは他県から見れば不思議なものと捉えられてしまう事も珍しくありません。それがしきたりや風習の面白いところであり、地域性を実感することができる部分だと言われています。千葉県は関東地方のひとつの都道府県として知られているのですが、その周辺の都道府県を含めて他見から見ると不思議に見える・首を傾げてしまうしきたりや風習が残っている部分も多いと言われています。その中のひとつとして最近県内で増えている家族葬で色々と不思議なものが見られると言われているのですが、実際にはどのようなものがあるのでしょうか。それを知ることによって千葉の事をもっと知る事が出来るため、特に他県の人には知ってほしいものだとされています。

千葉県での葬儀の不思議なしきたり

まず不思議な家族葬の様子は地域によって異なっているのですが、家族葬の場合に見られるものとして例えば「別れの杯を交わす」というものがあります。これは親族の間だけで交わされるもので、告別式での焼香の前に行われるものとして一部の地域で残っています。また縁側の軒下に一本の青竹を横にぶら下げておき、出棺の際にはこの青竹の下を通って出るという風習が残っている地域もあります。ほかにもある地域では一晩中起きて棺桶の前で寝ずの番をすると言うものもあり、この行為は「夜伽(よとぎ)」と呼ばれています。その時には「夜伽見舞い」として食べ物を持ち寄って飲食を共にするという風習もあり、基本的にはしんみりとするようなものというよりは全員で故人との別れを盛り上げるというようなものが多い傾向があります。

千葉県では家族葬が増えている?

これは他の関東地方でも言われているのですが、最近では家族のみでの葬儀が行われる事が多くなっている傾向があると言われており、風習やしきたりに関しても親族のみで行われるものが残っているところも多くなってきています。その理由として言われているのが核家族化の進行であり、親族が集まることも少なくなってきていることから小規模の葬儀が中心となってきているようです。そのため風習やしきたりも風化してきている傾向があるのですが、地域によっては親族のみで行われるものだけが残っているというところもあるようです。このため最近では上記で述べたような風習やしきたりが行われている地域も少なくなってきているのですが、それでも地域性や歴史を残すために受け継いでいるという地域もまだ残っているとされています。